7月, 2015年

プロフィールの書き方について

2015-07-22

出会い系サイトを使っていて、相手のプロフィールを見たときに、そこがまったくの空白のままだったらどう思うでしょうか。
例えば掲示板の書き込みで興味を持ったはいいものの、プロフィールからどんな人かわからなければ、連絡をしたいとは思わなくなってしまいますよね。
それと同じことが、自分のプロフィールでも起きていたりしないでしょうか。
たとえ空白ではなかったとしても、ほとんどそれと同じような情報量しか書いていなかったりすると、相手から興味を持たれなくなってしまいます。
せっかくあと一歩のところでメールのやり取りが始まるのに、というところまで、実はいっていたかもしれません。
しかし、それでもプロフィールの情報量が不足しているせいで、出会いまでに至ることができなかったかもしれません。
プロフィールが手抜きだったりすると、出会いのチャンスを知らないところで落としてしまっている可能性もあります。
相手に興味を持ってもらうために、ユニークな自己紹介を考えたり、共通するところを見つけてもらうために趣味は多めに書いておきましょう。
真面目にただ自分のプロフィールを書くよりも、少しひねった文章でおもしろく書いたほうが、相手の目にはとまりやすくなります。
趣味のところでも、少し変わったことを書いておけば、この人と話したいと思ってもらえるかもしれません。
やりすぎてしまうと相手から引かれてしまう可能性もありますので、あくまでバランスが重要です。
自分のプロフィールを見直してみて、相手に興味を持ってもらえるような内容になっているでしょうかを確かめてみましょう。

プロフィールの写真で差を付ける

2015-07-22

インターネットの出会い系サイトでの出会いでは、基本的に相手の顔が見えない状態ではじまります。
メールを繰り返していても、実際に出会うまでには相手の顔をしらない、というケースも多いのではないでしょうか。
実際の知り合いならば、相手の姿がわかっているので安心できますが、インターネットではそれがないから不安、という人もいるようです。
では、自分のプロフィールに写真を掲載してみれば、それで問題が解決するのではないでしょうか。
確かに、インターネットに自分の写真を掲載するということについては、少し不安を感じるかもしれません。
もしかしたらその写真が何かに使われるかもしれないと不安になるかもしれませんが、そればかりでも先に進みません。
自分の姿を知ってもらうことで相手との出会いの確立を高めるというメリットを取るか、という問題です。
実際、プロフィールに自分の写真を掲載することで、相手はそれに対して安心感を持ってくれるようになるでしょう。
メールのやり取りも、いくらか親密度が増すかもしれません。
それだけ、相手の顔を知っているということは大きなメリットになることなのです。
メールを誰かからもらったときに、写真のあるプロフィールとそうではないプロフィールでは、写真があるほうが安心できますよね。出会いを進めていくために、サイトのプロフィールに写真を掲載することは大きな意味があるといえるでしょう。
最初のメールさえ返してもらうことができればあとはこちらのペースですから、そこに至るまでの道を簡単にするために写真を使ってみましょう。

プロフィールで自分を知ってもらおう

2015-07-22

出会い系サイトに登録をしたとしても、そこから確実に出会いをゲットすることができるとは残念ながら限りません。
運よく出会いを見つけることができている人はいても、すべての人がそうなるとは限らないのです。
しかし、出会い系サイトを使っていて、そこでの出会いの確立を高めるための方法は存在しています。
それは、まず自分のプロフィールをしっかりと記入するということです。
自分のことを自分で紹介するのは恥ずかしいものですし、あまり気が進まないかもしれません。
しかし、それでもプロフィールが真っ白のままだと、相手から見たときにもこの人がどういう人なのかよくわからない、という状態になってしまいます。
インターネットではただでさえ相手の顔が見えないのですから、そこで相手に連絡をしたいと思うような人はいません。
例えば、趣味が合うとか、外見がいいというような理由から、相手とコンタクトを取るのが出会い系サイトでもスタートなのです。
もちろん、正直に書けばいいというものでもありませんから、相手に好感を持ってもらえるようなプロフィールになるように気を付けましょう。
真面目に書きすぎてもつまらない人だと思われてしまいますし、かえって下ネタばかりでも相手に下品だと思われてしまいます。
すべての人に好かれるのは無理でしょうから、特定の人を狙うようなプロフィールを考えてみましょう。
出会い系サイトでもっとも最初に自分の情報が見られるのがこのプロフィールですから、力を入れておくに越したことはありません。
出会いのチャンスを減らしてしまうことがないように、最初のプロフィールはきっちりと作っておきましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.